衝撃の情報

ニキビ跡を消すためにできることとは

      2018/06/04

10代後半から20代がニキビができやすい年代だとされています。

 

皮脂過剰やホルモンバランス、ストレスが大きな原因とされていますが、ニキビが治まってもニキビ跡に悩む方は多いです。

ニキビ跡は傷跡と同じです。埋没している箇所は美容皮膚科での処置が必要になりますが、薄くすることは可能です。

 

しかし、自宅でのケアは時間がかかります。焦らずにケアしましょう。

 

ニキビ跡には紫外線はNGです。コマめに日焼け止めを塗る習慣を身に付けるようにしましょう。

また、ニキビができやすい人は日焼け止め自体が苦手という人も多いです。

 

その場合は美容皮膚科ではなくてもいいので(保険適用の)皮膚科に行き低刺激の日焼け止めを紹介してもらう方法もあります。

 

殆どの場合サンプルももらえるので、肌にあうかどうかを確かめてから購入できます。

積極的にニキビ跡に働きかけるもので自宅で塗布でき安全性があるものは「ビタミンC誘導体」です。

 

ビタミンC誘導体はニキビの症状がある人に皮膚科が処方することもあります。

ただ、保湿材が入っていないものの場合は乾燥するので塗り方や量には注意が必要です。

 

「ビタミンC」とは違い「ビタミンC誘導体」には光毒性がないので、朝晩つけることができます。日焼け止めと合わせてケアを行いましょう。

 - ニキビ跡 ,